ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック、大阪万博などの開催を控え、観光立国に向けたインバウンド事業にますます人々の関心が集まっています。

日本版DMOをはじめ、政府省庁、旅行業、交通業、宿泊業、飲食業など多岐にわたる組織において、訪日外国人観光客の状況を把握・分析することは非常に重要です。

観光スマホアプリJapan Travel Guide利用者のGPS情報と、NTTグループの持つ移動データやSNS投稿などを合わせた、豊富なビッグデータを様々な手法で解析し、NTTアドはお客様にお届けしています。

データ解析結果からは意外な発見があり、いままで見えなかったものが見え、気づかなかったことに気づく可能性を秘めています。

インバウンド事業の次なる戦略・施策決定に、Japan Travel Guideをぜひご活用ください。

NEWS

2018/9/18
訪日外国人の「47都道府県基礎分析」の一部レポートを公開しました。
2018/6/19
NTTアドの新しい分析メニューが日本経済新聞に掲載されました。
「NTTアドが動向解析 訪日客見える化」

動画で見る、集客プロモーションと効果分析

ログデータによるきめ細かい効果分析

アプリの機能で収集できるビッグデータを活用した詳細な各種分析が可能。
取組の最適化を実現します。

具体例でわかる47都道府県基礎分析はこちら▶

集客プロモーション